中越野菜スープ
立石流 中越野菜スープとは
   故 立石 和 先生
著書
『生命の恵みへの招待』
            より
野菜スープの作り方
 
基本材料
 
大根 ・・・1本の4分の1
大根葉 ・・・1本の4分の1
(大根の葉は、葉のある時期に天日または、風通しの良い所で乾燥させて保存し、利用してください。)
人参 ・・・2分の1本
しいたけ ・・・1枚
自然乾燥したものを使う。手に入らない時は生しいたけ、または自分で乾燥させてください。市販の電気乾燥したものは、ビタミンDがなくなっているから不可
ごぼう ・・・大4分の1(小なら2分の1)
 
※野菜類は市販のものでよい
野菜イラスト
 
作り方
 
作り方イラスト
1 野菜はボイル、あくだしをしないでください。
2 鍋はアルミ製か、耐熱ガラス製を使用してください。スープの保存はガラスポット、またはガラスビンを使用してください。野菜スープと軽く考えないこと。ホーロ、テフロン加工した鍋は、決して使用しないこと。ホーロ、テフロンが溶けてしまいます。
3 野菜は、あまり細かく切らないで、大きめに皮ごと切って入れてください。
4 野菜の量の3倍の水を入れます。
5 沸騰してから、1時間煮込みます。(弱火で)
6 スープをお茶代りに飲みます。
7 残ったスープの残滓(ざんし)は、味噌汁、吸い物、うどんの汁の中に入れて、ご利用ください。
8 鉢植えの草木が枯れかけた時は、鉢の囲りにスープをかけてください。元気になります。
9 庭木の場合は、根元から少し離れたところにスープの残滓を埋めてください。元気になります。
 
 
Copyright (C) 2007 Chuetu Soup Corporation. All rights Reserved.